日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国の二股外交の終焉

<<   作成日時 : 2015/09/10 10:00   >>

面白い ブログ気持玉 61 / トラックバック 0 / コメント 8

 
今日も極々簡単に…
画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

韓国の朴大統領の支持率が急回復しています。

韓国の民間調査機関「韓国ギャラップ」によると、今月1日〜3日に実施した世論調査で、朴槿恵大統領の職務遂行を肯定的に評価するという回答が前週の調査に比べ5ポイント増加し、54%になったようです。

肯定的に評価した回答者のうち、36%が北朝鮮・安保政策、17%が外交・国際関係をそれぞれ理由に挙げているにですけれども、朴大統領の支持率は、8月25日の南北高官会談での合意発表後から急上昇しているところと考えあわせると、北朝鮮との紛争を回避したことが主に評価されたものと思われます。

また、それに加えて、3日に北京で行われた抗日式典に参加したことも、幾ばくか支持率にプラスされていると思われます。

韓国の世論調査会社、リアルメーターが8月31日〜9月4日に掛けて行った世論調査でも、朴大統領の支持率は50.4%と41週ぶりに5割を超えたのですけれども、抗日式典に参加した3日から2日間は支持率が6.1ポイント上昇し、53.8%と今年最高を更新したそうです。

こちらのシンシアリー殿のブログでは、「朴槿恵大統領の親中政策は『国民的』支持を得ていると見ていいでしょう」と指摘されていますけれども、要するに、"親中"でも支持率は上がるということです。

まぁ、一応、韓国とて、選挙で大統領を選ぶ"民主国家"ですから、国民が親中を望むのならば、それに従うのが決まりといえば、決まりなのですけれども、それがいつも正しい答えであるという保証はありません。

韓国が急に中国に接近する理由については、こちらで、「金正恩氏への対抗」と「中国こそアジアの未来の安全保障を担う存在であると意識している」である、とのイギリス・ノッティンガム大学現代中国学学院の姚樹潔・学院長の分析を紹介していますけれども、金正恩氏への対抗は兎も角、中国がアジアの未来の安全保障を担うのかどうかは、これからの話です。

もし、これが確実なのであれば、韓国以外の周辺国も同じく中国に靡く動きを見せてもおかしくない筈ですね。けれども、そんな動きはない。つまり、今回の韓国の中国への接近は、結果として、勇み足になるかもしれないということです。

そして、当たり前ですけれども、今回の朴大統領の訪中に、アメリカは相当怒っています。

9月3日、マーク・トナー国務省副報道官は「地域内の他の国とどのような関係を結ぶかを決めるのは韓国の主権事項」と、韓国の判断を"尊重"するという立場を取っていますけれども、あるシンクタンクの専門家によると「朴大統領の戦勝式典への出席について、ワシントンの全般的な雰囲気はかなり否定的」だということのようです。

あれ程、式典には参加するな、と釘をさしていたにも関わらず参加しましたからね。裏切りと受け取られても仕方ないと思います。

まぁ、その一方、来月18日に海上自衛隊が開催する国際観艦式に、韓国海軍の艦艇1隻を派遣することを明らかにしていますけれども、或はこれも、アメリカや日本に対して配慮することでバランスを取ろうとしているのかもしれません。要するに、お得意の"二股外交"ですね。

けれども、日本の国際観艦式に参加することについて、今度は中国側から反発が出ているんすね。中国メディアからは「どういうつもりなのか」と指摘され、更に、中国のネットユーザーからは「ダブルスタンダードだ!」、「日本にへつらうのか?」、「この裏切り者め」、「喉元過ぎればなんとやらだな。あとで泣きついてくるなよ」と怒りの声が上がっています。

まぁ、こんなに露骨な二股外交を見せられれば、そう反応するのが普通です。どう立て直す積りなのか皆目見当がつきません。

朴大統領は、10月に訪米すると言われていますけれども、恐らくアメリカは、THAAD配備など、懸案事項の解決を韓国に迫ってくると思います。それにどう答えるのか。

いよいよ逃げ場がなくなったように思いますね。

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 61
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
韓国の問題はあれを二股外交だと認識すらしていない可能性が高いということですかね。
本人は一貫した誠実な外交をしていると思い込んでいる節がちらほら見えますので。
ス内パー
2015/09/10 06:27
今回の出来事で、
日本にあれこれ譲歩するよう安倍政権に指図していた、勘違いレディファースト(パククネファースト)オバマ政権も少しは目が覚めたでしょうか。

オバマ大統領はアジアの歴史や外交問題には無知だから期待はしていなかったけど、彼のブレーンも酷すぎました。
日本と韓国を天秤にかけて値踏みをする前に、韓国の本性くらい調べて欲しい。

韓国の歴代大統領がどういう末路を辿ったか、、、、、それだけでも韓国の特異性が一目瞭然。

歴史的に謀略や裏切りの中で政権を維持してきた朝鮮民族が、現代の世界で裏切らないと思う方が愚かすぎる。
とは言え、日本もつい最近、韓国にだまされた外務省(世界遺産)の愚か者がいたから、アメリカを馬鹿には出来ません。

いわゆるネトウヨと評される人たち(私も左から見れば十分に資格あり)の方が外務省の役人よりはるかに韓国(韓国人)の本性を把握しているのが、なんとももどかしい。

世間では日本外務省の中に在日や韓国中国の利権代弁者が居るともいわれ、彼らが確信犯的に国益を毀損しているとしたら、韓国だけでなく日本外務省の中の見えざる敵とも戦わなくてはいけないから、

まさに、私達真っ当な日本人は、拳を空高く突き上げて、

” ファイト! 一発!! ”  の心境でしょう。


カリフォルニアから日本を想う
2015/09/10 09:04
先のクネの妹の発言でクネ・親中派を批判してた韓国の似非保守・海洋派・親米派はその実
おつむの中身と本音は一緒なのを露呈してるので何の不思議もないでしょう。また先の北朝鮮
との一件で「中国に北を牽制してもらう」が幻想でしかないのが露呈してるのにこの世論の
反応とくればさらに中国傾斜を加速させるでしょう。

で、マヌケ米国がはっきり言えますかね?また中途半端に甘やかすだけでしょう。
で、いまだに毎度の論法を続けてる韓国側は毎度の「ニホンガー」を喚いてその場を言い逃れ、
さらに米国をなめて中国傾斜を加速させるだけでしょう。
野蛮人
2015/09/10 10:15
アメリカから「おい、行くなよ!」と言われ

中国からも「おい、行くなよ!」と言われ

「あたしってモテモテ!困っちゃう!」と思い込む。

みたいな。
ポール
2015/09/10 10:26
>どう立て直す積りなのか皆目見当がつきません。
 結局のところ、自国の安全保障について常に他国に依存し、可能な限り自力で問題を解決しようとする意思と覚悟が無い以上、どうしようもありません。
 ただ、本来やるべきだったことは、ある程度分かります。
 実は、近年の韓国の状況とこの2年余りで安倍政権のやってきたことは、合せ鏡のような関係にあります。
 米韓関係に決定的な亀裂を生じさせたのは盧武鉉政権でした(鳩山政権に相当)が、李明博がこれを立て直すには、国のあらゆる分野に入り込んでいる北朝鮮のスパイに対する防諜体制を整え、軍の綱紀粛正(汚職だけでなく、北朝鮮や中国への情報漏洩の防止)を行い、戦時作戦統制権の返還は不可避の流れと考え、韓国の防衛は一次的に韓国自身が責任を負うことを自覚し、中長期的に米韓相互防衛条約の改定を米国に申し入れるべきでした(日本の60年安保改定に相当)。米韓相互防衛条約には、米国の韓国防衛義務は明記されていませんから。
 しかし、李明博は米韓FTAで国内市場を売り渡すことで米国の機嫌を取っただけで、安保問題にはほとんど手を付けなかったため、米軍は2010年11月以降、最新兵器の事実上の売却禁止、軍事GPSの使用停止、各種システムや敵味方識別情報の更新停止を決定します。
 この米国の事実上の韓国切り捨てに慌てたのか、韓国は中韓軍事協定を提案する一方で、竹島上陸などの反日パフォーマンスを行いますが、日韓関係に決定的に悪化させただけで、本質的な解決にはなっていません。
 その後を引き継いだ朴槿惠は、本来であれば父朴正煕のように強権的なリーダーシップで国を建て直すべきでしたが、下手に民主化したせいでそれもできず、中国への事大と反日をドグマ化して現在に至っていることは、周知の通りです。
 これは、主体性のない国の必然的な帰結かもしれませんね。
opera
2015/09/10 17:54
 親中、反日がこれほど支持を集めてしまうと、後に続く大統領も絶対手放せませんよね。

 operaさん、大変わかりやすい解説参考になりました。
米韓の最近の政治的な歴史ってそう言うことだったんですね。
ちゃー
2015/09/12 05:05
中国につく ということで終焉ですね
SAKAKI
2015/09/12 16:35
最悪の時に、最悪の判断をする国。ということじゃないですかね。

韓国内部から見る世界の姿が、大きく歪んでいるように思う。

中国経済沈下、ごまかし経済が、世界の目に明らかになったこの時に、

中国に付いて喜んでいる韓国政府と韓国人。

これは、どう見ても、狂った状況認識です。
ぴんちょろ
2015/09/12 20:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国の二股外交の終焉 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる