日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS AIIBを巡る各国の思惑

<<   作成日時 : 2015/06/12 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 0

 
今日も極々々簡単に…

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

この6月下旬に、AIIB創設メンバー57ヶ国が調印する予定の「AIIB定款」について、米紙ウォールストリート・ジャーナルが報じています。

それによると、AIIBの資本金は1000億ドル(約12兆円)で中国は単独で最大29.8%を出資。その比率に応じて議決権を定め、中国は25〜30%の議決権を持つようです。

けれども、ここで問題となるのは、重要案件の議決は全体の75%以上の賛成が必要となるという規定です。まぁ、重要案件に多数の賛成が必要になるという規定そのものは、特に珍しいものではないのですけれども、75%以上の賛成が必要という規定にも関わらず、中国が単独で25%以上の議決権を持つというのは、事実上の拒否権を持つことと同じだ、として問題視されています。

また、理事会は置くものの、肝心の理事は無給で非常勤とし、電子メールなどで持ち回り決裁するという見込みとも伝えられていますけれども、こんな仕組みで理事会が本来の目的である監督業務を全うできるか甚だ疑問ですね。

第一、理事が無給で非常勤という時点で、「お飾り」にする気満々としか見えませんし、電子メールでの持ち回り決裁なんて、要するに"議論なんてしない"ということです。

よくもまぁ、こんな"中国の好き勝手"を他の創設メンバーが了解したものだと思います。

ただ、突出した議決権を持つことで、事実上の拒否権を持つという例は、AIIBだけではないのですね。こちらで"赤旗"が指摘していますけれども、例えばIMFもそうなのですね。

IMFでは、重要事項の議決に85%以上の賛成を必要としているのですけれども、アメリカは15.85%の議決権があり、事実上の拒否権を持っていることになります。

けれども、IMFにおけるアメリカの拒否権が問題視されず、中国のそれが問題視されるとするならば、それはもう、「中国が自分の為だけに、拒否権を乱用するのではないか」と見られているということです。つまり、それだけ信用されていない、「ガバナンスに問題がある」ということですね。

まぁ、これまでの中国の態度をみると、そうなるのも"むべなるかな"というところなのですけれども、問題なのは、それでもAIIB創設メンバーが、この定款を了解したということです。

その理由の一つとして、中国との貿易依存度の高さを指摘する声があります。例えばドイツでは、貿易規模で、中国はフランス、オランダに次ぐ3番目の相手国となっていて、自動車最大手フォルクスワーゲンの中国での出荷台数が、2014年で368万台に上り、ドイツを含む西欧向け出荷台数を超えたそうです。

こうしたことから、ドイツにとって、中国は既に、消費市場としても投資市場としても重要な相手であり、外交筋は、ドイツがAIIBに不参加を表明しようものなら、国内製造業から袋だたきに遭いかねなかったと見ているようです。

ドイツ以外の各国も同じような政治的背景があるかどうかは分かりませんけれども、第一生命経済研究所の田中理主席エコノミストは「欧州各国は、中国に口うるさく言うつもりがないようだ」と述べており、どこも50歩100歩なのかもしれません。

先のサミットでは、AIIBが議論されたそうですけれども、安倍総理は、首脳の中で最多の4度の発言を行ったと伝えられています。

安倍総理はAIIBについて「入っている国を批判しているわけではなく、緊密な連携を取る必要がある」としてG7の結束を訴え、AIIBの運営の透明性などについて、各国で情報共有していくことでの一致をみたとのことですけれども、AIIBを巡る各国の思惑は必ずしも同じではないことには留意しておく必要があると思います。

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 46
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
AIIBを巡る各国の思惑 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる